ブランド古着を売りに出すなら買取業者は慎重に選ぼう!

大切な自分の服を、有効に買い取りしてもらう為の総合案内

>

古着買取は各業者の特徴を捉え、目的にあったものを選ぶべし

買取価格とはあってないようなもの

見出しから不安にさせるような内容でビックリしたことでしょう。
しかし、市場の原理をよく考えたら当たり前だと思いました。
価格とは、需要と供給で決まるからです。

当時とてつもなく流行っていて、自分がやっと手に入れたブランド服でも、そのブランドは今でも大人気なのでしょうか?
現代においては少し人気に陰りの出てきたブランドであれば、当然買取価格は安くなるでしょう。
買取業者は、今売れるものが欲しいのです。
古着買取はごみ処理ではないので、利益を生むためには当然の原理です。

それでも海外の誰でも知っている有名ブランドであれば、買取価格は予想がつきやすいかも知れません。
市場価格の10%~20%が買取価格という通説がありますが、衣類はそれでも全般的に厳しいことが多いです。



各業者は得手不得手がある

今や多くの宅配買取業者がありますが、各社得意分野、不得意分野があるようです。
そのためには、各社の買取販売実績を参考にしてみるのはいかがでしょう。
ある程度、自分の売りたいブランドの査定額はわかると思います。

しかし、これは参考程度です。
服の状態等でも変わってくるようです。
そのような場合には、査定見積もり依頼をしてみるのもよいのではないでしょうか?
いきなり売りに出すより、あまりにも安く見積もられた場合には、一度引き取り別の業者を探すことが賢明でしょう。

また、古着というものは基本的にいくらブランド物であっても、バックなどに比べると安価です。
ですから、基本的に高値で買取というより、安すぎない価格で売る、と言った方が正しいのかも知れません。

更に、各社得意ブランドがある事を考えると、沢山買い取ってほしいブランド古着がある場合、ブランドごとに買い取ってもらうことも高値が付きやすくなるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへもどる